脇腹のお肉を減らす方法!

脇腹についている贅肉って、結構気になりますよね。腕や足には、それほど脂肪が付いていなくても、どうしてもお腹周りや脇腹にはお肉が溜まってしまうような気がするのです。

これって私だけのことなのかと思って調べてみたら、人間の骨格上、お腹周りには脂肪が付きやすくなってしまっているようなんですね。

どうしても、お腹周りには骨が少ないので脂肪が貯まりやすいようなんです。

ただ、脂肪が貯まるということは悪いことばかりではないんですよ。

もし、衝撃があった時におなかの中にある大切な臓器を守る役目を果たすのです。やはり、骨が少ない部分なので、防御できるように脂肪がたまりやすいということもあるんでしょうね。

おなかの中でも特に脇腹に肉がたまってしまうのは、普段、なかなか使われることがない場所だからということが大きいようです。脇腹には、腹斜筋という筋肉があるのですが、これは普段の生活ではなかなか使うことがありません。

上体をひねる時に使う筋肉なので、意識しないと日常では、なかなかこの部分に力を入れる事ってないんですよね。

脇腹のお肉を減らそうと思うと、一番手軽にできるのは姿勢です。普段の立っている姿勢や座ってる姿勢を背筋を伸ばして少しお腹に力が入るような姿勢をとります。

こうすることでお腹のたるみがなくなり、脂肪がつきにくくなるのです。特に猫背の人は要注意です。

姿勢が悪いとお腹周りにどんどんと脂肪がたまっていてしまうのです。

仕事の合間やテレビを見ている時なのでも、体を左右にひねってストレッチをしてみましょう。

このことによって、脇腹の肉がつきにくくなります。ダイエットで特定の部分だけを痩せるというのは非常に難しいのですが、ストレッチやマッサージで脇腹を刺激することにより、少し代謝が上がります。

そのことで脇腹のお肉が減るのです。最近、流行りの体幹トレーニングをすることでもお腹全体が引き締まりますし、脇腹のお肉もなくなります。

まずは、一番簡単な普段の生活の中で背筋を伸ばし、姿勢を意識することから始めてみるのが良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする